慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法

骨がスカスカになる病気

病院

骨粗鬆症は、特に高齢の方が悩まされる病気です。骨のカルシウムが減って、骨密度が低くなってしまいます。そのため、骨が弱くなり、少しの衝撃で骨折しやすくなります。特に骨折した箇所が悪ければ、寝たきりの状態になります。なので、家族の介護が必要になる患者も多くいます。この骨粗鬆症は、特に50代以上の更年期に差し掛かった女性に多いです。というのも、この年代の女性は、女性ホルモンの一つエストロゲンが急激に減ってしまうからです。エストロゲンには骨を丈夫にする作用があるので、骨粗鬆症を起こしやすいです。また、高齢の患者だけでなく、近年では若い女性でも骨粗鬆症になりやすいです。というのも、ダイエットで十分に食事を取らず、カルシウムが不足しがちになるからです。

自分が骨粗鬆症だと疑った場合、病院では確認するための検査方法が有ります。それは、骨密度を測定する検査です。そもそも骨密度とは、骨の強さを判定するための尺度です。主に病院では、骨密度の測定法としてデキサ法を導入しています。このデキサ法とは、エネルギーの低い2種類のX線を腰椎、太もものつけ根に照射する検査です。その他にも、レントゲン検査で骨密度が測れます。背骨、胸椎・腰椎をX線写真にとるだけで、骨の強さが判明します。もしも検査で骨粗鬆症と診断されたら、できるだけ早く病院で治療や予防対策を行うことが大事です。適切な治療で、確実に骨密度の低下をくい止めることができます。生活を健康に保つ上で、とても大切といえます。

Copyright© 2017 慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法 All Rights Reserved.