慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法

骨に自信はありますか

ドクター

あなたは自分の骨は丈夫だと自信を持って言えるでしょうか。最近話題となっている骨粗鬆症ですが、一体どのような病気なのかご存知ですか。骨粗鬆症とは骨の中がスカスカになって、もろくなってしまう病気です。癌や脳卒中などのように命を脅かす病気ではないのですが、骨が弱くなっているので少しの衝撃で骨折してしまったりします。特に年配の方に多いこの骨粗鬆症ですが、予防する方法はないのでしょうか。骨を丈夫にするとなると、すぐに思いつくのはカルシウムですよね。もちろんこのカルシウムを積極的に摂取することはとても大切なのですが、同時にカルシウムの吸収を促すビタミンも摂るのがおすすめですよ。また適度な運動も骨の代謝を高めるので、運動不足を感じている方は特に意識するようにしましょう。

なってしまうと大変な骨粗鬆症ですが、今の時点で骨に不安のある方もいらっしゃると思います。そのような方には、病院で骨ドックを受けることをおすすめします。骨ドックとは骨の密度を調べて、骨粗鬆症の予防や治療に役立てるための検査のことです。治療や検査内容はその病院によって違うようですが、問診や身体測定、血液検査などを行います。骨粗鬆症の骨折によって寝たきりになり要介護になってしまうことも少なくないですので、少しでも不安のある方は一度受けてみることをおすすめします。骨粗鬆症は何よりも予防が大切です。特に目に見えるものではないので、知らないうちに骨がスカスカになっていたなんてことになったら大変ですよね。先に説明した予防を、上手に取り入れられるように生活を工夫してみましょう。

Copyright© 2017 慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法 All Rights Reserved.