慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法

適度な運動と食事療法

喫煙者

骨粗鬆症とは、骨密度が低下することにより骨がもろくなってしまう病気です。骨が弱くなってしまうので、通常よりも骨折するリスクが高くなり、また治るまでの時間が長くかかるのが特徴です。骨粗鬆症は、年齢を重ねていくことにカルシウムの吸収が悪くなることによって起こります。また、女性の場合は閉経すると、エストロゲンといわれる女性ホルモンが低下することで骨粗鬆症になるといわれています。骨粗鬆症の治療には、食事療法と運動療法が用いられています。食事療法を行なう時は、まずカルシウムを多く摂取することが大事になります。カルシウムを多く含んだ食品を中心に、食事療法を行ないます。骨粗鬆症はカルシウムの吸収性も低下しているので、カルシウムの吸収を促進するビタミンDの摂取も重要になります。また、ビタミンKは摂取したカルシウムが骨から流れてしまうのを阻止する効果が期待できます。骨粗鬆症の治療には、食事療法だけではなく運動療法も、合わせて行なうことでさらに効果を得ることができます。骨は、負担を掛けることで強くなるとされていますが、骨粗鬆症の場合はウォーキングやジョギングなど、激しい運動を避け簡単にできる運動を行なうことが大切です。普段の生活で、階段を使用したり散歩に出かけるなどを取り入れるとさらに効果が現れます。骨密度の低下を防ぐため、慢性的に運動不足にならないように注意しましょう。運動療法を行なう際は、激しい運動は行わず食事療法と合わせて少しずつ行ないましょう。自分で行える治療方法と合わせて、病院から処方された薬もきちんと摂取することが大切です。女性の場合は、女性ホルモン製剤も処方される場合があります。主に治療を行なう歳処方される薬はカルシウムの吸収を促す物と、活性型のビタミン製剤です。

Copyright© 2017 慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法 All Rights Reserved.