慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法

腸閉塞の原因

人形

腸閉塞にかかってしまうと、膨満感というお腹の張りを感じるようになり、それにより強い痛みと吐き気が生まれます。では、どのようにそれらの症状が起こるのでしょう。腸閉塞は、腸の働きが悪くなったり、腸の一部が狭くなることで発生する疾患です。腸の働きが悪くなるとお腹の張りに繋がり、結果として痛みや吐き気へと発展するのです。痛みの種類は、激痛が続く場合と、徐々に痛みが治まり再発するパターンを繰り返す場合の二種類がありますが、いずれも激痛を伴うことに変わりはありません。
腸閉塞には、いくつかの種類があります。代表的な種類である機械的腸閉塞は、腸がねじれたり、腸の内部に腫瘍ができてしまったりして、結果的に腸が塞がってしまう状態を指します。この症状はさらに単純性腸閉塞と複雑性腸閉塞の二種類に分かれることが特徴です。
単純性腸閉塞の原因は、開腹手術後に腸管が癒着してしまうことが挙げられます。開腹手術を行なうと、どうしても内臓の癒着が発生してしまいますが、この程度によっては腸のねじれに繋がり、結果として腸閉塞が発生してしまうのです。複雑性腸閉塞の原因は、ヘルニアや腸重責などの要因が挙げられます。ヘルニアや腸重責を発症すると、腸が閉塞してしまうのです。この場合には早急に処置を施すことが必要です。
その他にも様々な種類のあるこの腸閉塞は、自然治癒は難しい症状です。医療機関の速やかな受診が求められる疾患です。もしも腸閉塞が疑われる場合は、CT検査やレントゲンを受け、適切な治療を受けることが大事です。

Copyright© 2017 慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法 All Rights Reserved.